オドレオドレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh! Mountain

メンバーは3人

峠のふもとで各自のペースで登り、峠で会おうという話でスタート

仲間は即バラバラ

経験のない長いそして急な勾配がそうさせた

たった一人で登っても登っても目の前に続く先の見えない林の中の勾配に

心が折れそうになる

ペダルを踏むか、手押しするか

それとも下ってリタイヤするか

それでも登った

なぜならそこに山があるから!

もう少し、もう少し…

見上げると建物の屋根と大勢の人影

ゴールの峠では、競輪部なのか学生らしきものすごい数の人がいた

登りきったオドレオドレに女子学生がお疲れ様?と声をかけてくれる

ありがとー

なぜ登ったのか

なぜならそこに女子大生がいるから!

やった、登りきった

タイムは50分

この際タイムは関係ないね

メンバーが3人集まったところで、休憩後に峠を下る

そうしたら温泉が待っている

しかし、温泉には行けない

まもなく悲劇が自分に襲い掛かるのだが

その時はまだ知る由もなかった

和田峠てっぺん
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://odoruaxela.blog63.fc2.com/tb.php/628-bfc1103e

 | HOME | 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

Check!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。