オドレオドレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージ

生まれつき心臓が悪く、肌も白く、唇は青い。
心臓手術も繰り返し行っているので、心臓付近の骨は異型だった。
だからといって、悲観的な行動を取る彼ではなく、手術痕すら驚かすように見せ付ける。
大人からみれば、気丈に振舞っているかのように明るくて、楽しくて、騒がしいやつだった。
昨日、13年ぶりに会った仲間から彼の死を聞いた。
俺が高校に行ってから、全く連絡を取っていない状態で、ずっと気になってはいた。
彼は学年が一つ上だったため、学校経由などでウチには連絡が来なかった。
もう3,4年前に去っていたらしい。
彼が死ぬ時に感じた苦しみ、季節すら全く分からない。
分かるのはもう会えないという事実だけ。
その事実を聞くまでは、大人の姿の想像ができたのだが
頭の中の彼の姿は崩れ、昔、遊んでいたころの顔しか浮かばなくなった。
顔だけでなく、俺の名を呼ぶ彼の声さえ鮮明に思い出す。
彼が苦しんでいる間、なにも知らず過ごしていた自分が、恨めしく、悔しい。

彼は両親に、絵を遺している。
俺にもなにか遺しているはずなのだが、それが何か。まだ理解するには時間がかかる。


スポンサーサイト

Comment

[146]

尊敬するね。気丈に振舞うって境遇に打ち勝つってことなわけで、並大抵の努力じゃできないよね。
まだ一度も会ったこと無いけれど、ご冥福をお祈りします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://odoruaxela.blog63.fc2.com/tb.php/102-490fb143

 | HOME | 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

Check!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。