オドレオドレ

≫2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨×音楽力

昨日、出勤途中にロックインジャパンから出演追加情報とタイムテーブル発表のメールが届く

季節的な不快と仕事の憂鬱で、下を見て歩くくらい元気がまったくなかったオドレオドレさんですが

このメールによって俄然元気に!

YUKIがGRASS STAGEで最終日のラストを飾ります。

スポンサーサイト

本日の悲しみ

洗顔中、指が鼻の穴に入り、鼻血…

逆様ライダー

絵に描いたようなカーブが続く下りの坂道

気付くとメーターは56km/hを表示を示していて

ブレーキをかけてもなかなか減速しない

計ったかのように泥・砂がまかれているカーブにさしかかり

そこでスリップ

そして衝突

その瞬間は目をつぶってしまっていて、よくわからないのだけど

衝突の衝撃で体が投げ出され、地面に叩きつけられたあと何回転か転がっている間は目を開けていたし

記憶はある

転がりながら、うわ?やっちまったー、どうしようー、と考えていた

転がるのが終わったあと、体中が痛くて

すぐに起きられないし、このまま気を失いてぇとも考えていた

起き上がってみると5、6mくらいは飛んでいたようであった

自転車は、前輪は大きく歪んで走行不能状態になっていた

外れたチェーンを戻してくれたり、前輪を動かすためにブレーキを外してくたり

仲間に助けてもらった

下りの峠はもう、自転車を押して行くしかない

楽しみにしていた温泉を潰してしまった

峠を下っていくのと同時に、申し訳ない気持ちで気分もどんどん落ちていく

体は傷だらけで、頭も打ったせいか頭痛もあった

こんな状態で山から帰ることができるのだろうか

Oh! Mountain

メンバーは3人

峠のふもとで各自のペースで登り、峠で会おうという話でスタート

仲間は即バラバラ

経験のない長いそして急な勾配がそうさせた

たった一人で登っても登っても目の前に続く先の見えない林の中の勾配に

心が折れそうになる

ペダルを踏むか、手押しするか

それとも下ってリタイヤするか

それでも登った

なぜならそこに山があるから!

もう少し、もう少し…

見上げると建物の屋根と大勢の人影

ゴールの峠では、競輪部なのか学生らしきものすごい数の人がいた

登りきったオドレオドレに女子学生がお疲れ様?と声をかけてくれる

ありがとー

なぜ登ったのか

なぜならそこに女子大生がいるから!

やった、登りきった

タイムは50分

この際タイムは関係ないね

メンバーが3人集まったところで、休憩後に峠を下る

そうしたら温泉が待っている

しかし、温泉には行けない

まもなく悲劇が自分に襲い掛かるのだが

その時はまだ知る由もなかった

和田峠てっぺん

松竹ブリッジ

6月6日

マイミクの二人と、自転車で和田峠を攻略する、という作戦を決行

高尾駅をスタートとし、藤野駅まで行く

そのあとは、お楽しみの温泉というとてもピースフルな計画だ

峠を目指す途中、峠でもない坂道に体力を使い焦りを感じるが

松竹橋を過ぎ、陣馬街道を川沿いに走ると川の清涼感と木陰がつくる冷たい空気という自然が

今日、ここを走る喜びを感じさせてくれる

夕やけ小やけふれあいの里で飲んだ、ファンタグレープがとてもおいしかった

ここを発つとまもなく激坂の峠に到着する

和田峠スタート

楽しい出張


今日は大阪の高槻に出張

大学のキャンパスが山の上でバスに揺られるのがしんどくていつもなら嫌々なところだけど…

今日の目的はふたつ

西日本限定でJTBに置いてあるカピバラさんイラスト入りパンフレットを取得すること

高槻での仕事のあと梅田に移動してキディランドの期間限定のカピバラさんコーナーに行くこと

梅田に行くのは時間の都合で厳しいかと思われたけれど、見事達成〓

やりとげました

おれ、かっこいい

二度づけはきんしですよ。

きみの声が聴こえない

自室のREGZAたんから音声が出なくなった

光端子で接続している外部スピーカーからは音が出ているので、まあいいやと放置しておくもだんだんスピーカーをON/OFFするのが煩わしくなり取説を手にする

こんなときは…のページで音声が出ないときの対応には、音量が0になっていませんか?消音になっていませんか?

…以上

素人扱いしやがって

取説使えません
もしや内蔵スピーカーがいかれてしまったの?

仕方ないので主電源で再起動すると見事復活

こんなもんですかね

そういえば、会社に電話かけてくるお客さんにもとりあえずパソコンの再起動してもらったり、気のせいですと言って解決してるな

そんなもんなんですね

再現性がないバグの指摘で、都市伝説ですと言ったら、そんなわけあるか、と怒られましたが

 | HOME | 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

Check!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。