オドレオドレ

≫2007年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷惑千万

20070130001530
たまたま近所のブックオフに行って、たまたま新・巨人の星を手にしたら台詞の至る所に赤線が引いてあった
その箇所に何の意味があるのか全く以て不明だけれども、そんな本を買い取るなよ
前も表紙と中身が違う参考書を見かけたぞ
そんなの買ったら迷惑だよな

その参考書は小遣い欲しさに中学生が売りに出したものだった
「先月、携帯電話を使いすぎちまった」
決して貧しくもない家庭で育てられてきた彼だったが、中学生であるが故、小遣いは毎月決められた額を両親からもらうことになっていた
その中には、毎月の携帯電話の使用料も含まれている
使いすぎれば当然自由に使える額が減ってしまう
毎月一定の使用料で収めてきたが先月は、友達グループの一人の絵梨子といい感じになり、通話とデコメールで使いすぎてしまった
結局気付いたら何事もなく、友達となってしまっただけに、現状の貧困さがなおのこと辛い
決まりごとに厳しい母親から小遣いの前借りを頼むなんて暖簾に腕押しなのはわかっている
もともと中学生が携帯電話を持つこと自体家族から反対されている
例外は認められない、払うことができなければ携帯電話の解約を迫られる
それだけは絶対阻止したかった

こうなると誰にも頼ることはできない
やはり自分で解決する他なく必死で考えた
取り敢えず自分の身の回りのモノを売り払う事にした
要らないものを並べたその中に、表紙のない参考書があった
表紙がないと買取額が下がると思い、大学入学を目指す姉が懸命にアルバイトをして購入した高価な参考書の表紙を、不在の時を狙い本棚から盗んだ
「これならサイズがぴったんこ」
こうして表紙と異なる参考書が店頭に並んだ

「絶対合格しなきゃ」
父親のいない貧しい家庭の高校生は、国立の大学を目指していた
「大学に入って、いい仕事に就くんだ。そして働き詰めで体を壊してしまった母さんに楽をさせてやるんだ」彼は確固たる意志を持っていた
担任に奨められた大学の特待生は、学費が全額免除となるが狭き門、トップクラスの成績で合格しなければ、大学生になることは不可能であった
それは本人が一番わかっている
放課後、いつものようにブックオフの参考書コーナーで立ち読みで勉強していると、高価な参考書に格安の値札が付いていた
「この値段なら僕のお小遣いでも買えるぞ」
その学生は嬉しさのあまり中身を確認せずにレジに走って行ってしまった
そして家の勉強机に向かって一人叫んだ
「これ、中身が中学生のだよ!」
不幸にもレシートは捨ててしまっていた…

こんな悲しいことがあったかも知れない
スポンサーサイト

韓流映画

映画の鑑賞券をもらったもんで、せっかくだから観に行きました

王の男

俳優は誰だかさっぱりわかんねえし、大して期待もなかったんです
券があったからみたっていうレベル
ところがねー
予想以上にオモシロいんですわ
テンポと展開がちょうどいいんです
へたな日本の三流映画よりよっぽど良いな

流行の恋愛映画でなくて、芸人が政治に巻き込まれ、王宮が崩壊していくという悲しいお話
なぜか全然笑えるところは無かった気がするけど、これはこれで良いと思いました

あのガリ

before

あんまり見たくないグロ写真ですが、直ったんで公開するとします
塗装の色がちょっと違うんじゃないかと心配だったけど
全くわからないので満足です
でもやっぱり2万5千円はイタイのね


after

あの借り

20070117002801
年末にやっちまったんで、カーコンビニ倶楽部に修理に出しましたよ
修理完了まで丸一日かかるっつーので代車を借りましたよ
トヨタのカリーナという車
ヤニ臭くてキモかった
おまけにブレーキも甘い
オートマはとてもラクチンだったけどすぐ飽きた
運転が楽しくない
居眠り運転のほとんどはオートマなのではなかろうか

DVDだ

深夜に放映しているダイバスターが大好きです
カップ麺を何十個も開けてエビチリを作ったらうまいか?とかどうでもいい調査とキャラクターの突っ込みが最高
短編で構成されてるから観やすいのね
テレビ番組のDVDって滅多に買わないけどコレは買ってしまった
特典で靴下が付いてた
片方だけ


人生設計

今日、ファイナンシャルプランナーと話しをしてきました
家を建てるのに、必要な収入と、出費、結婚のタイミングを話し合いながら、80歳くらいまでをシミュレート
出費では、光熱費は勿論、自動車の買い替えの周期と出費、日常消耗品など細かに毎月、毎年を概算で計算
収入は、今の会社での収入とボーナス、昇給を計算
すると当然、数年後で赤字(泣)
生涯赤字、生きていけません(号泣)
死のうかと思った

ただ家のローンは利息が少し高めだし、収入ももうちょっと増える(予定)ので、再計算すると、まぁまぁ非現実的でない数字
土地があるってのが非常に強みになっている

特に難しかったのが結婚と、出産
何歳で結婚?子供は何人?と聞かれるがこっちが聞きたいくらい
自分の将来の収入と子供の年齢から出費を考え、想像する
子供が大学生なってると自分、50歳です(信じられない)
結構苦しい生活しか待っていないようにみえるけど、きっとなんとかなる
だって、無計画な結婚している人だってそこそこやっていってるんでしょ?
別に見下す訳ではないけど、考えてるのと考えてないのでは全く違う
でも無計画なのはほとんどが若者か
また若さってのは一番の武器だよね、それだけ時間もあるし
それを考えるとトントン?

まぁどうでもいいけど、初めて具体的な数字で人生設計を考えた日でした





野郎二人

20070102204903
地元のマイミク男と、ボーリング、カラオケ、映画、ラーメンと女っ気のないエンターテイメント尽くし

ガーターを連発したかと思えばターキー決めたりかなり変人
カラオケはそれぞれ歌いたい曲を勝手に歌い、最後は一緒に「いかれたbaby」で締め
こんな付き合いで18年

写真はクレイジーケンバンドを熱唱するマイミク男

大反省会

20070102071705
新年だというのに、2006年を振り返る

なんだかあまりパッとしない年だった気がする

結構家電に投資した
iPodやDoCoMoケータイの購入した→メジャーどころに流された
HDDレコーダーと19インチディスプレイを買った→快適
HDDカーナビは結局買えなかった

ライブは少なめ
soul of どんと2006
JAPAN CIRCUIT
スネオヘアー?カナシミツアー
スネオヘアー?カナシミツアーファイナル
bonobos
ROCK IN JAPAN FES.2006
これだけだっけ…ヤヴァイ

群馬や栃木、茨城、神奈川などそこそこドライブはできた
でも総走行距離は少ない

服を買わなくなった
おしゃれたかゆキングとしは遺憾ではありますが、目新しいファッションに出会わなくなった
っていうか関心が薄くなった

CDもあまり買ってない
昨年一番心に残ったアルバムは、
ロケットマン(ふかわりょう)の「愛と海と音楽と」
ROCK IN JAPAN FES.2006でやっとふかわりょうを観る事ができたってことが大きな理由 あと、過去のアルバムと全く違う方向性で、かつ完成度の高さに感動したからか
あとは土岐麻子の「WEEKEND SHUFFLE」ゆるくいい感じ仕上げたアルバム
彼女の声の母音「ぇ」が好き
肝心のスネオヘアーは今年発売なのね
とはいえ、やさしいっていうかメロゥな感じのシングル曲が多くあまり期待していません
やっぱ変わっちゃうのかね
忌野清志郎にこどもができたときみたいになっちゃうのかね
ツアーは4箇所くらい追いかけるけど

なんつーか、ぱっとしないのは仕事で忙しすぎる現場に行かされたからか、プライベートが充実しないせい?
毎日終電、休日出勤であきらめたモノ、失ったモノが多い気がする
今年はね、会社辞めます
逃げではない、将来を見据えた上の決意
最初で最後の転職にしたいっていう気持ちですよ

あー、反省といえばね
先日やっちまった
車を擦った!!
でっかい擦り傷
もう見たくないくらい
カーコンビニ倶楽部に行きます
それが今年最初の課題



 | HOME | 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

Check!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。